node.jsのIDEとしてEclipse Orionをインストール

現時点でnode.jsのIDEを選ぶとき、真っ先に出てくるのが人気者のCloud9であると思う。
たしかにnode.jsを主眼としたときに性能使いやすさで、これしかないだろ!!って位素晴らしいIDEであるが、最新バージョンへの対応の遅さがちょいとネック。

当方、バージョン気にせず気軽に簡単にWEBでIDEを構築できて、機能的にはコード補完とデバッグがあれば十分なのです!っと探してみたらEclipse Orionがちょうどよい感じなのでCentOS6.4にインストール。

npm install orion --production

たったこれだけでOK。–production のオプションはOrion自体の開発に携わらないコンパクトインストール

次に実行は以下の通り。

npm start orion

あとは http://localhost:8081 にアクセス(localhostは読み替えて)で起動する。
それと ~/node_modules/orion/orion.conf を設定すれば、パスワードと作業スペースの設定が出来るようだが、今はお一人様で使う感じなので弄らないでおく。

npmを使わずに起動するときは以下を実行。

node ~/node_modules/orion/server.js

オプションを指定する場合は以下の通り。
-pまたは-port
るポート。 8081へのデフォルト。

-pwdまたは-password
パスワード

-wまたは-workspace
ファイルの読み取りと書き込みのターゲット·ディレクトリ。

-dev
開発モードでサーバを起動。 ブラウザによってキャッシュ無効。

-log
標準出力のログに記録。

今日はここまで。

デジグライド ITナレッジ