さくらのレンタルサーバー ライト でWordPress(独自ドメイン)

前回からの続きです。

さくら  +  お名前.com + Google Apps

先ず、当方で使用している環境は以下の通りです。

  • サーバー:さくら のレンタルサーバーライト
  • ドメイン:お名前.com
  • メール:Google Apps

ドメインを取得しているのが、さくらの場合は何も考えずちょいちょいちょいで設定できると思いますが(たぶん)、外部でドメインを取得している場合にさくらの「よくある質問」では、他社のプライマリとセカンダリネームサーバーに、さくらのネームサーバーを設定しろと書かれてます。

確かにその通りにやれば、独自ドメインでWordPressを運用できるようになりますが、さくらの方にMXレコードが設定できません。要はメール等が運用できなくなります。

でも大丈夫、良い塩梅に解決する方法があります。
っが、さくらではどこにも書いていない方法だったので、ちゃんとしたやり方なのかは分かりません。
(でも出来てるから良いんだと思います。たぶん。)

サーバー情報の設定

さくらのサーバーコントロールパネルより、サーバー情報の表示 → サーバーに関する情報を押下します。

WS000069

続きを読む さくらのレンタルサーバー ライト でWordPress(独自ドメイン)

さくらのレンタルサーバー ライト でWordPress(データ移行)

前回からの続きです。

データの移行

WordPressをお引越ししたのでデータを引き継ぎます。
ただ、折角の機会なので外観のテーマやプラグインを精査するため、お引越しはデータのみ行います。

Xmlでエクスポート

お引越しをする元の管理画面よりメニュー → ツール → エクスポートを選択します。

export

開いた画面より すべてのコンテンツ をチェックして『エクスポートファイルをダウンロード』を押下します。

export2

次に引越し先の管理画面よりメニュー → ツール → インポートを選択します。

import

開いた画面よりインポート元のシステムを WordPress を選択します。

import2

すると新規でインストールされた環境なのでプラグインが入ってなく WordPress Importer のプラグインインストール画面が出てくるので『今すぐインストール』を押下します。

importinstall

『プラグインを有効化してインポートツールを実行』を押下します。

install有効

お引越し元からエクスポートしたファイルを『ファイルを選択』より押下して選択、『ファイルをアップロードしてインポート』を押下して内容を取り込みます。

importselect

次に WordPressのインポート画面が出てくるので自身の環境に合わせて画面の指示に従ってください。

完了したら新しい環境にアクセスすると記事などが引き継がれてると思います。

ただし、今までプラグイン使っていた部分とかおかしくなってる場合もありますので、そこは環境に合わせてプラグインをインストールしてください。

また、記事プレビュー部分の画像がリンク切れしてると思います。
(全ての環境がそうなのか私の環境だけなのかはわかりません)

linklost

なので元の環境の /www/hogehoge/wordpress/wp-content の直下にある uploadsディレクトリを新しい環境の同じところに上書きしました。

linksuccess

お引越しは以上です。

さくらのレンタルサーバー ライト でWordPress(WordPressの設定)

前回からの続きです。

前提

  • さくらのレンタルサーバー ライトプランは既に借りている物とします。
  • テーマやプラグインを改めて構築しようと思うので、記事関連のみ新たな環境に引き継ぐものとします。
  • 本文中hogehogeと出てきたらアカウント名で読み替えてください。
  • 本文中の画像は小さいですがクリックするとビョ~ンとなります。

WordPressのインストール

最初にさくらから付与されたドメインにてWordPressが動く状態にまで持っていきます。

1.wordPressの配置

先ずはWordPress日本語サイトよりzip形式の本体をダウンロードしてきます。(2016年7月15日時点の最新は4.5.3です)

これをFTPにてサーバーにアップロードするのですが、サーバーコントロールパネルについているファイルマネージャーは5Mまでのファイルしか扱えないので、自分で用意したFTPソフトを使用してアップロードしてください。
私の場合は普段からWinSCPと言うソフトを使っています。

ログイン情報はサーバーを借りた時に仮登録情報としてさくらよりメールが来ていると思います。
そのメールのFTP情報の内容をぶち込んでください。

WinSCPログイン

wordpress-x.x.x-ja.zipを /home/hogehoge/www 直下にアップロードします。

WinSCP本体

こんどはさくらのサーバーコントロールパネルよりファイルマネージャーに入ります。
サーバーコントロールパネルからのログイン情報は仮登録メール内に記してあります。

サーバーコントロールパネルに入ったらファイルマネージャーを立ち上げます。

サーバーパネル

先ほどアップロードした wordpress-x.x.x-ja.zip を選択して右クリックでメニューを表示して『リモートで解凍』を押下します。
別に解凍してからアップロードしても良いのですが、圧縮したまま転送した方が早いのでそうしてます。

kaitou

続きを読む さくらのレンタルサーバー ライト でWordPress(WordPressの設定)

さくらのレンタルサーバー ライト でWordPress(ただの決意)

低スペックでも良いから安いサーバーに乗り換えたい

今までさくらのVPS2Gプラン(2016年7月14日現在:月額1,706円)を使ってWordPressを運用していたのだが、まったく持ってブログが更新出来ていない。

あんまりの更新の無さに前回の記事から既に2年半が経過している。
しかも前回の記事を見ると『ちょっと余裕が出てきたので少しずつ再開しようと思います。』と軽快にのたまわっている。恥ずかしい。

更新ないし、アクセスないし、時間もないし、お恥ずかしいしな状況では明らかにオーバースペックな環境である。

そこでWordPressをもっと低スペックな環境にお引越しする事に決めました。
決めましたと言うかもう既にお引越ししてこの記事を書いてるわけで、今回はそのナレッジを残したいと思います。

さてお引越し先ですが、さくらのレンタルサーバーライト(2016年7月14日現在:月額129円)に決めました。そうですタイトル通りです。

今まではVPSなのでWordPressだけで無くちょっとした開発にも使用できて便利だったのですが、やはりブログを運用しているサーバーで開発するのは如何なものかと思い、今回はWordPress専用にしてしまおうと安いレンタルサーバーとなった次第です。

また数あるレンタルサーバーの中で何でここにしたかと言うと、単純に今までさくら使ってたので手続きが楽って言うのと、値段がわかり易かったと言う所です。
他のレンタルサーバーも軽く見たのですが初年度無料とか初年度100円とかが大きく書いてあって、じゃあ次年度からどうなるんじゃい!ってのがわかりにくく見るのが面倒になりました。
生きててすいません。

さくらのレンタルサーバー ライトプランを使うその前に

とりあえずサクッとさくらのライトプランにお引越しってな訳にも行かず、ライトプランには下記の様な壁があります。

WordPressのクイックインストールに対応していない

本体をFTPでアップロード

MySqlが使えない

SQLiteを使用するSQLite Integrationプラグイン導入

独自ドメインは人によりコツがいる (当方の組み合わせ:さくら + お名前.com + Google Apps)

さくら以外でドメインを取得している場合はサーバー情報をDNSに設定

ひじょ~に遅い(らしい)

そもそもブログにアクセスないし心配ないし

 

次回から何やったか残して行きたい。がんばりたい。

Cloud9でnode.js

ここ数か月の忙しさにかまけてnode.jsから離れていたけど、ちょっと余裕が出てきたので少しずつ再開しようと思います。

んで、久々にVMで構築してあったnode.js環境を開こうとしたが。。。すっかり忘れちまっています。。。
また色々弄るのもなぁっと思って久々Cloud9を覗いてみるとv0.10に対応してる!!

Gitアカウントとネットに繋がったブラウザがあれば家でも出先でも開発できて、MysqlやMongoDBやらがコマンド一発で構築できるCloud9!!
こんなに高機能なのに無料(容量と一部制限あるけど)で使えるなんて良い時代が来たもんだのCloud9!!

とりあえず簡単な実験をしつつnode.jsを弄りたいだけなのでこれでいいじゃん!
ってなわけで半年前に構築した環境はそっとなかった事にします(^^;)

ちなみに他にもnitrousなんてのも使ってみましたが、今の時点ではまだまだCloud9程の機能は有してなかったです。
今年サービスが始まったばかりなのでこれからなのでしょう。

デジグライド ITナレッジ